そっと髪をなでていった

おたくがひっそりかべうちするところ

2017年上半期 ザ少年倶楽部におけるSexy Zone・Love-tuneの出演シーンまとめ

 

録画残量が死にかけてるのでHDD整理のために完全に自分用のリスト作りました。

Sexy ZoneLove-tuneしかいません。

ジャニーズJr.表記の曲、おまけby勝利、ケンティーの愛LOVE講座などのレギュラー(?)コーナー、曲前のトークなどは一部省略してます。

 

 

 

 

 

 

1/4 テーマ “ Love & PEACE ”

Sexy ZoneSTAGE」

Love-tune「Love&Peace」(エンディング)

少クラブログ#53:松島聡「Break out my shell」

リズム4ゲーム:長妻怜央萩谷慧悟、森田美勇人

 

 

 

 

 

 

1/11 テーマ “ ミラクル ”

Sexy Zone「マワレミラクル」(オープニング)

Love-tuneキミとのキセキ」(Snow manと)

菊池風磨「…more」

ミラクルチャレンジ:Sexy Zone

新成人にQ:萩谷慧悟

 

 

 

 

2/1 テーマ “ Yell ”

Sexy Zone「We Gotta go」

Love-tune「We never give up!」(メドレー)

松島聡マリウス葉「幻炎」「Don't Stop Sexy Boyz!」

ジュニアクイズ:安井謙太郎

 

 

 

 

2/8 テーマ “ 愛 ”

Sexy Zone「A MY GIRL FRIEND」

Love-tune「愛なんだ」(エンディング)

熱血バトル:中島健人松島聡

ジュニアにQ:諸星翔希

 

 

 

 

3/1 テーマ “ 感謝 ”

Sexy Zone「今日はありがとう」

Love-tune「RELOAD」(Travis Japanと)

 

 

 

 

3/8 テーマ “ 絆 ”

Sexy Zone「ROCK THA TOWN」

中島健人佐藤勝利「絆」

菊池風磨佐藤勝利「20-Tw/Nty」

少クラNews:安井謙太郎

 トーク(東京といえば):Love-tune

 

 

 

3/29 春休みスペシャ

中島健人菊池風磨マリウス葉「Congratulation」

佐藤勝利松島聡マリウス葉「桜咲くColor」

萩谷慧悟諸星翔希「桜援歌」

安井謙太郎「花唄」

中島健人阿部顕嵐長妻怜央「SAKURA〜旅立ちのうた〜」

真田佑馬、森田美勇人「SAKURA」

菊池風磨安井謙太郎卒業〜さよならは明日のために〜

 

 

 

 

4/7 テーマ “ CHANGE ”

Sexy Zone「ROCK THA TOWN」

Love-tune「Mr Traveling Man」(メドレー)

ケンティの愛LOVE講座:安井謙太郎

熱血バトル:菊池風磨萩谷慧悟

 

 

 

 

4/14 テーマ “ フレッシュ ”

Sexy Zone「Slow Jam」

Love-tune「DREAMIN'!」(バック)

楽屋訪問:Love-tune

ミラクルチャレンジ:Sexy Zone

ジュニアにQ:安井謙太郎

 

 

 

 

5/5 テーマ “ ともだち ”

Sexy Zone「Miss Mysterious」

Love-tune「CALL」 

ボードよボードよボードさん、この友情は本物ですか!?:中島健人菊池風磨安井謙太郎

 

 

 

 

5/12 テーマ “ハッスル”

Sexy Zone「君だけForever」

Love-tune「ズンドコパラダイス」(バック)

少クラブ名曲アルバム:佐藤勝利「LOST MY WAY」

ハッスルを超えろ!目指せ流行語大賞中島健人菊池風磨

ジュニアにQ:長妻怜央

おまけby勝利阿部顕嵐

 

 

 

 

6/2 テーマ “ My Favorite ”

Sexy Zone「With You」

Love-tune「Eternal Mind」(メドレー)

少クラ名曲アルバム:松島聡「ボクの背中には羽がある」、菊池風磨雨のMelody」、中島健人「Solitude」

 

 

 

 

6/9 テーマ “ ROCK ”

Sexy Zone「ROCK THA TOWN」

Love-tune「自分のために」(エンディング)

菊池風磨「Keep the faith」

トーク(楽器を始めたきっかけ):真田佑馬、森田美勇人、萩谷慧悟

ジュニアにQ:諸星翔希

 

 

 

 

6/30 夏祭りスペシャ

Sexy Zone なし

Love-tune「I Scream Night」・「仮面舞踏会」「ええじゃないか」「愛なんだ」「抱いてセニョリータ」(メドレー)

安井謙太郎「Midnight Train」

萩谷慧悟、森田美勇人「絆」

佐藤勝利「Ho!サマー」

クイズ:中島健人(青)、佐藤勝利(赤)、菊池風磨(緑)、松島聡マリウス葉(黄色)

 

 

 

 

 

今年もすでに半分が終わってしまったことに動揺を隠せない。量がなかなか多いので間違い、抜け漏れ等あったらすみません。

 

下半期もセクゾちゃんとらぶちゃんに素敵なお仕事お願いします〜!!!!!!

9月の帝劇が決まったのでデビューしてほしいJr.グループの話をします

  

祝JOHNNYS' YOU&ME IsLAND御出演

 

皆さんLove-tuneというJr.グループはご存知ですか?少クラを見てる方は名前くらいは流石に知ってるかも。でも去年結成したばかりでJr.の中だとまだできたてほやほやならぶちゃん、どんな人たちだかわからない!って人もいるんじゃないでしょうか。

 

すっっげーです。すっっげー人たちの集団です。最強グループLove-tune、詳しくなったら好きで好きで止まらなくなっちゃうかも!?さあ一緒にLove-tuneについて調べよう!なあみんな!!\そうだー!/

 

 

 

 

Love-tuneってどんなグループ?

まずは概要から。読み方は【らぶとぅーん】、らぶちゅーんじゃないよ。 「上田くん中丸くん!僕たち、らぶちゅーんじゃなくて、らぶとぅーんでーーーす!!」 2016年3月に安井・真田・萩谷・森田の4人で結成された後5月に新しく阿部・諸星・長妻の3人が加入し、以降7人で活動しています。バンドメインのグループだと思われがちだけど、あくまでこれは一つの武器であってそれが全てではないらしい。

何でもできます。歌も!ダンスも!楽器も!バラエティも!MCも!作詞作曲も!ローラースケートも!陸上も!何でも来てください。

 

よし、それじゃあそんなマルチなメンバーたちを紹介するぜ!

 

● MC任せたら天下一、みんなのお兄ちゃんなリードボーカル安井謙太郎 (嫌なことが顔に出やすすぎる)

\謙ちゃぁ〜ん?♡/

 宇宙共通の爆モテイケメンギターボーカル阿部顕嵐 (マイペースが過ぎる、気づくと居ない)

\あらぁ〜ん?♡/

 情熱的な演技派ギタリスト真田佑馬 (万年思春期こじらせ中)

\さなぴぃ〜?♡/

 脅威のスタイルと高度なダンススキルを持ち合わせたベーシスト森田美勇人 (溜め込みすぎてグレ期を迎え、らぶとぅん家族会議勃発)

\みゅうとぉ〜?♡/

人間メトロノームと評されたテクニックを持つ実力派ドラマー萩谷慧悟 (日常がプリプリ怒っている)

\はぎちゃぁ〜ん?♡/

 心優しき芸人気質のサックス吹き諸星翔希 (諸星翔希3大デカイ:心、鼻の穴、ケツ)

\モロぉ〜?♡/

圧倒的二次元ビジュアルと無限の可能性を秘めるキーボード長妻怜央 (3歳児とゴールデンレトリバーのハーフ)

\ながつぅ〜?♡/

そう、クセが強い。

ただ何でもできるわけじゃない、自分のできることにこだわりを持って突き詰めていく職人気質でストイック、そしてかなりの鋭さとコメディをプラスしたメンバーたちが集まったのが、Love-tuneなのです。

 

 

 

 

 

 

Love-tuneの特徴って?

まずパッと目につくのはバンドスタイルでしょう。ジャニーズのバンドスタイルという道を切り開いていった先輩方と大きく違う点は、ダンスと楽器演奏の融合。1曲の中でダンスも楽器も両方で魅せちゃいます。しかもどちらもレベルがクソ高い。踊って〜歌って〜楽器持って〜なんてやってたらバタバタしちゃいそうに思うけど、そこも人数の多さを活かした構成で流れを切らせない。「え、いつ楽器持った?」ってくらい自然に素知らぬ顔で楽器を弾くメンバーに、初めて見た時はおったまげです。

そして私の思うらぶの最大アピールポイントはパフォーマンス一つ一つのアツさ。思わず生き急ぎ過ぎィ!と突っ込みたくなるほど、俺達は明日世界が滅びても後悔しないぞぐらいの気迫で毎回毎回全力のパフォーマンスをしています。ジャニーズには珍しいヘッドバンキングやシャウトなど激しい煽りが売り。さなぴーが吠え美勇人が頭を振り乱せばはぎちゃんが静かに燃えてながつとモロが周りを巻き込む、そして安井くんと顕嵐くんが叫び煽り走り回れば会場はもうLove-tuneの手の中に。

そのための会議も全力そのもの。意見を出せばとりあえずフルボッコ。「なんで?」「その意図は?」と鬼教師も舌を巻く追撃っぷり。さなぴーがよく被害にあってしょんぼりしています。がんばれさなぴー。最近意見採用されることが多くなったみたいで喜ぶさなぴー。良かったねさなぴー。

 

 

 

 

 

 

Love-tuneをもっと詳しく知るにはどうしたらいいの?

ここまで読んでくださった方、もしかしたら「ちょっと気になってきた………」なんて思ったりするかもしれません。そしたら本当にありがとうございます一緒にご飯行きましょう。せっかくなので、気になるタイプ別におすすめ曲を選んでみました。

〜お品書き〜

  1. ダンスと楽器の融合!?Love-tuneらしさって何だろう!
  2. やっぱりジャニーズなんだから、ガチガチに踊ってるところが好き!
  3. ギラギラで最高にアツいのください!
  4. 先輩のバックについてるところが見たい!
  5. Love-tuneの原点、4人体制の時のパフォーマンスは見られるの?
  6. 激しい曲もいいけど、可愛いLove-tuneも見てみたい!

 

 

 

〜ダンスも楽器演奏も両方見たい人へ〜

Love-tuneのオリジナル曲、CALL(少クラ放送日:2016年10月12日、2017年5月5日)をお勧めします。

これを見るにあたって一つお願い。どっちか片方ではなく、絶対に両方見比べてください。同じ曲なのにたったの7か月で見せ方全く違います。

初披露時はもうとにかく「勢いのCALL」。先述した明日世界が滅びても後悔しないぞってぐらいの気迫がビリビリと伝わってきます。メンバーみんなこの曲が好きで仕方ないんだろうなあって感じ。そして2回目は「魅せるCALL」。今までの勢いや気迫をそのままに、ソロパートやシャウトなどであえてちょっと抑えてみたり小技効かせたり、確実に進化してます。あと初披露時は安井くんが他のメンバーを引っ張っていってる感じだったけど、2回目は逆に安井くんが一歩引いて周りを見渡してるような。ながつの成長が凄い。

私的お勧めポイントは初披露時の安井くんの「おーまいがぁ♡」、ながつの「あどわなあどわなあどわなふぁす?」、サビの安井くんのダンス。2回目のさなぴーのギターソロ、サビのドラムの前からの飛び出し、顕嵐くんのシャウトです。よろしくお願いします。

 

 

〜ダンスを重点的に見たい人へ〜

Masterpiece(少クラ放送日:2016年12月7日)、断然これです。

阿部顕嵐さんの覚醒が凄い。放送当初Twitterでも話題になりましたね。サビ前で飛び込んでくるところからもう完全に阿部顕嵐のターン。顕嵐くんは普段のパフォーマンスだと煽りに徹してたりあえて自分は抑えたダンスをしていたりということが多いですが、顕嵐くんが本気で踊ると空気が一気に締まります。爆モテイケメン仕様なお顔の造形だからステージに花も咲く。完璧かな。安井くんのステージングが大好きなのでLove-tuneのセンターは安井くんでいてほしい人間ですが、顕嵐くんのセンターもギラッギラでなかなかにサイコーです。

 

 

〜ギラギラなパフォーマンスが好きな人へ〜

FIRE BEAT(少クラ放送日:2016年7月6日)を見てください。

Love-tuneが7人体制で初めて披露した曲であり、顕嵐くんが少クラに復活した曲でもあります。元の4人体制のときにもこの曲は披露していましたが、3人増えただけでギラギラド派手感がエグい。4人体制の時は仲間感が強くてそれも大好きなんだけど、7人バージョンはまさに精鋭たちの集い。ラメぶちまけてその上からミラーボールでガンガンに照りつけたようなギラギラ感。この時の阿部顕嵐さんも帝王感が凄いと話題になっていましたね。帝王阿部顕嵐ももちろんチェックしてほしいんですが、私が特に見てほしいポイントはサビの諸星翔希です。「え、モロがかっこいいやばい……うそ………」

モロは元々かっこいいです!!!!!!

 

 

〜先輩との共演が見たい人へ〜

 ABC-Z Star Line Travel Concert

これは買うべき。マジヤバイ。マストバイ。めちゃくちゃ映ってます。しかもお手伝いだけじゃなくてかなり踊らせてもらってるし7人で歌うSeven colorsも収録。ABC-Z兄さん神。

特にお勧めしたいのはCrazy About You(橋本ソロ)です。サビを阿部顕嵐安井謙太郎の2トップでガッチリ脇を固めてるのもまたアツい。顕嵐くんとモロはキラキラアイドルソングよりこういう洋楽寄りな曲のほうが合ってる気がするなあ。顕嵐くんの重力を感じさせない動きとモロの重心低めの踊り方がバチっとハマっていて見てて気持ちがいいです。

 

 

 

〜4人のLove-tuneを見てみたい人へ〜

Heavenly Psycho(少クラ放送日:2016年3月9日) これ、泣きます。私が。

披露したのは結成前だったはず、、、多分。違ったらごめんなさい。この4人は特に“グループ”というものに思い入れが強い人たちだと思っているので、歌詞とリンクして辛いんだけどでも4人が出会えてよかったねって嬉しくて。

「いつも夢に選ばれないまま 陽が登り沈んでいく日々」

「そこに僕の姿がなくても世界は簡単にまわった」

「でもこうして繫いだ手 ひとりじゃないね」

開始3行でこれです。泣くでしょ。そこからのサビで安井くんの力強い声がグッと背中を押してくれるからもうオンオン泣くしかない。ありがとう4人が出会ってくれてありがとう。

 

あとこれも外せない。PARTY MANIACS 〜Summer Paradise in TDC 「風 is a Doll?」収録

 この時はまだ完全にLove-tune結成前です。まさに原点。まつしまくんが参加できてないやつは意地でも買わないって決めてたんだけど、これを見て買うしかないと思った。これはまじで言葉に表せないので見てのお楽しみに。クソかっこいいです。

 

※8/1追記

僕はVampire (少クラ放送日:2015年5月13日)

すみません久しぶりに4人見てたらまたエモいの発掘してしまいました。最初の登場の囁きから鳥肌立つんだけど、とにかく間奏のダンスが私的にツボでした。あれさなぴーセンターにしたの天才だと思う。さなぴーの音のはめ方バッキバキでめちゃくちゃかっこいいし両隣のはぎみゅがまぁまたドエロい。ここ安井くんが完全に埋もれてるのがちょっと寂しいですが、それでもあえてセンターつけて踊ったのはほんとに正解だと思う。強い、4人が強いよ、、、、どこ見てもかっこいいもん、、、なんでデビューしてないの(瀕死)どこ見ても飽きないしずっと見るの耐えられるって、当たり前のようですけど難しいですよね。ほんとすごい。(小学生並みの語彙力)

 

 

〜可愛い路線が見たい人へ〜

ジャニーズWESTのバックですが、ズンドコパラダイス(少クラ放送日:2017年5月12日)。

本当に安井くんがひたすらにげろかわいい。ズンズンドッコ〜でTシャツがオーバーサイズすぎて完全にバブ。ゆめ〜の花咲けはいたっちで小瀧とハイタッチする時の顔はまさに小瀧の女。そしてまんまと引っかかりデロンデロンににやける小瀧。最後の集合でもちゃっかり隣キープしてて流石としか言いようがありまさん。そして身長差ピースからの小瀧見つめて肩ペチペチする仕草はどう考えてもペンギンちゃん。どうしてもお口が開いちゃう美勇人、意外と真面目で体操のお兄さんみたいなモロ、恥ずかしさを隠せないけどちゃんと仕事しようと頑張る顕嵐くん、頭がおかしくなったはぎちゃん、小学生みたいにはしゃぐながつ、楽しくなっちゃって両手でズンドコし始めるさなぴー。可愛い。

 

あとこれは残念ながら公式の映像化はしていないのですが、MU-CHU-DE恋してる

らぶちゃん単独でも可愛い曲に負けません。なんでこれが映像化されないのか理解不能すぎる。世界七不思議。安井くんを中心に、6人で大きなハートを作ってスタートです。分かりますか。そう、姫が!ハートの中から!可愛いお顔を覗かせる!ここからして可愛いでしょう。そしてコール&レスポンス。

「俺達にもっと!ラブをくれー!せーの!らーぶ!(らーぶ!)らぶらぶ !(らぶらぶ!)

わたし、こんなにかわいいこーるあんどれすぽんすみたことない……………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文章書くのはなかなか苦手なほうなのですが、気づけばここまでで約6000字書いてました。びっくり。

ここまで読んでくださった方、お付き合いありがとうございます。

「どうやって応援したらいいかわからない……」「応援したいけどすでに自担で精いっぱいで他に手が回らない……」って方、まずはこれからお願いします。

ザ少年倶楽部 - NHK

少クラ結構意見要望通りやすいみたいなので。最近メドレーとエンディングくらいでしからぶちゃん出てこなくてしんどいので本当によろしくお願いします。毎日何通か送ってるんですけどさすがに一人じゃネタが尽きてきました。

 

 Love-tuneに素敵なお仕事いっぱいください!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合い言葉は「爪痕残す」

ギラギラとアツいパフォーマンス、披露する曲に対する熱意、そして可愛さと遊び心も忘れずに。知れば知るほど夢中になる最強グループLove-tune、一緒に応援しませんか?(^^)

 

 

時代に乗り遅れたジャニオタの応援スタンス

ごめん時代に乗り遅れすぎているのは重々わかっている、許してくれ。これ流行ったのって確か1年前くらいだよね…………?時が経つのが早すぎて驚いているよ……。俳優おたく時代から書こう書こうと思いつつタイミングを逃して気づいたらこっちに来ていたの。最近更新してないからはてなブログの話題探してたら昔応援スタンス流行ったよなってふと思い出して、検索かけたら面白いエントリーがいっぱいで我慢できなかったのさ。

 はじめます。

 

 

 

担当:Sexy Zone松島聡くん

(Love-tune安井謙太郎くん)

 

 

 

▼雑誌を買う基準

五大ドル誌は基本的に毎月買っています。母もらぶが好きなので大体は分担制。まず発売日に私が本屋に駆け込んでチェック。その後家でセクゾとらぶどっちのビジュが良いか、インタビューはどっちが内容が濃いか、企画はどっちが多いかなどを話し合って、それぞれ買ってくるという方式。

テレビ誌と外部の雑誌はまつしまくんが出ていたら買ってます。らぶが出ていると母が慌てて買ってきます。ドル誌のチェックは遅いのになんでこっちは早いのか。

読み返していて後々思わぬ発見があったりするのでドル誌はそのまま保管、テレビ誌や外部の雑誌だけ切り抜いて保存してます。ホチキスで止めてある系のは外して切るだけだから楽でいいんだけど、カッターで切らなきゃいけないタイプは高確率で失敗するから辛い。

 

 

 

▼CDを買う基準

基本的に全形態買います。特典映像とかあんまり見返さないんだけど、ふと見たくなった時に手元にないと怖いし収録曲も違うから買っちゃう。メイキングのしょりそうは私を裏切らない。

もし万が一またメンバー別とか出たらまつしまくんしか買わないと思うけどどうかな、いやとりあえず全員分揃えたあとまつしまくん集中買いするかな。ROCK THA TOWNは発売日が被っていた℃-uteの勢いが本当に恐ろしかったので、慌てて通常版買い込みました。1位おめでとう。

 

 

 

▼映像作品を買う基準

とりあえず何よりも重要なのは、まつしまくんがちゃんと参加出来ているかどうか。まず買う前段階で調べるところからきついので、あの時代のものはあまり踏み込めてないです。そろそろ踏ん切りつけないとなあと思うけどやっぱ無理。ちなみにサマパラ2015まつしまくんいないけどらぶ目的で買いました、ごめん。らぶ関係で持ってるのはABC-ZのSLTツアーとサマパラだけかな。49の録画全部消しちゃってたのでBOX買うか検討中です。

 

 

 

▼現場に行く基準

できる限り我慢しない。行きたいと思ったら行く。行かないで「ああ行けばよかった」って後悔だけはしない。

これをモットーに動いてます。といってもお茶の間の極みなんですけれども。絶対に外せない予定あるところ以外は基本お金の余裕がある限り頑張ってぶち込んでます。できるだけ多ステしたいので色んなところにお世話になったりもします。公演近づいてるのにチケットが手元にないときの心臓の痛さとしんどさ半端ない。給料日前の事前振込みと当落本当に辛いからやめて…………………。

 

 

 

▼グッズを買う基準

とりあえず団扇、フォトセ。デザイン次第でペンラとTシャツ。Tシャツは運動やってるので重宝しますが、さすがにグループ名全開のは着ないかな。STAGEツアーのTシャツのデザインすごい可愛くてさすが自担くんできる子!って感じだったけど私がクソチビなばっかりに出番が来そうにありません。フォトセは基本個人のみで、ビジュ次第では複数買いしてます。団扇は買うけど会場では名前の持ってるから記念にお家で保存してるだけ。

Jr.祭りのグッズみんな法被とか着てて可愛かったけど、流石にペンラだけは意味が全くわからなかった(笑)わたしの感覚が事務所に追いつかない。

 

 

 

▼ジャニショで写真を買う基準

・まつしまくんソロ

・お顔が盛れているかどうか

といいつつ大体全部買っちゃいます。だって可愛いんだもん。流石に分かると思いますが、ゴリゴリのグッズ厨です。量産のペラッペラでテッカテカな紙がだいしゅき♡ワハハ

集合は5人が楽しそうにわちゃわちゃしているもの、まつしまくんのお顔がハイパープリティなもの、ふまそうしょりそう、を中心に。

 

 

 

ちゃんと文字にしてみて自分のお財布の紐と頭の緩さに戦慄している。でもこれ何か1つやめたら多分死ぬ。これプラス洋服も化粧品も大好きでパカスカ勝っちゃうから毎月お金がめちゃくちゃきついけど「俺!生きてる!!!!(cv.某チャリンコ漫画)」って感じするからきっとこれからも変わらないんでしょう。来年は環境も変わるし、がっつかず緩やかにお淑やかなおたくになれますように。言うだけタダだからね。

 

おしまい。

 

元舞台俳優おたくが松島聡くんに出会ってしまった話

人生ってほんとに何があるか分からない。

 

私は2016年の夏から半年以上をかけて、約3年間追いかけた舞台俳優からSexy Zoneの松島聡くんに担降りしました。

 

これは私の短く比較的穏やかな人生の中でもなかなかに刺激的な出来事だったので、忘れないよう記録しておきたいと思う。

 

 

 

 

まずは基本スタンスから

・現20才以下の学生

バンギャ上がりの元中堅舞台俳優Aくん(イニシャルじゃないよ)のおたく

・現場行く回数は年に20〜30ほど

・プレは誕生日とか特別なときくらい、手紙は毎公演出してたかな

 

 

要するに強くもなく、かと言って茶の間すぎるわけでもないごくごく普通のおたくでした。

 

 

 

 

Aくんは2.5次元舞台の波にのりまくった人気若手俳優!というわけでもなく、名前は聞いたことあるし見かけたことあるけどあんまり有名な作品にはでてないよね、って言うのが周りの印象だったような気がする。テニスの王子様出身で一時期ブワッと人気出るんだけど、その後の出演作がぱっとしないTHE王道流れの人。友人の紹介でなんとなーくテニミュを見て、なんとなーくAくんに出会い、なんとなーく目で追ってたらいつの間にかずぶずぶ落ちてました。

 

もう分かってるかも知れないが、Aくんは特別かっこいいわけではない。ヤクザみたいに細い目と細い眉毛、唇を突き出し過ぎのアヒル口もどきの自撮り、首元テロテロのレッスン着等々ツッコミどころしかない。ただ、めちゃくちゃ歌がうまくてめちゃくちゃ話が上手でめちゃくちゃクセのあるお芝居をする人だった。そんなAくんに惹かれてときめいて胸がドキドキしてリアコ一直線だった私は、ちょうど7月くらいかな、ついつい調べすぎて良くない情報に出会ってしまうのです。

 

 

別に今更Aくんの足を引っ張るつもりはないので詳しいことは伏せるけど、誰だって自分の大好きな人が自分がお世辞にも可愛いとは言い切れない子といちゃいちゃしてるかもって思ったらイラッとするよね。いかんせん私は、こんなのどうせデマでしょ知らなーーい!って思えるポジティブ様ではないので、ひたすら本人のSNSを遡り証拠を探し続けてしまった。そして証拠がある程度出てきた時、「ああ、もう無理かも」と思った。何するにもその女の顔が頭をよぎって苛立って、なんでこいつなの意味分かんないって毎日泣いて物に当たって家に閉じこもって。今思うとかなり追い詰められてたのかもなあ。その後何回か現場を蹴って、次に出る舞台を見て好きだと思えたら追いかけるのを続けよう、胸を張って好きだと言えなかったらもうすっぱりやめよう、と思って最後にAくんの主演舞台に通いました。相変わらずAくんはいろんな人を魅了していたけれど、どうしてもいつもみたいにきゃーきゃーできなくて、カーテンコールで深々と頭を下げるAくんにいつもなら自然に出てくる拍手ができなくて。もう限界を感じたので会うことをやめました。

幸いにもこれは大事にはならなかったし炎上したりもしなかったんだけど、やっぱり周りは知ってる子も何人かいて、これをきっかけに降りる子もいた。みんな元気かなあ。拝啓当時のみんな、 お元気ですか。わたしジャニーズに来たよ。

 

 

 

 

 

そんなこんなで舞台界隈から離れたはいいものの燃え尽き症候群みたいになってしまって、何に熱中するでもなくふらふらしてたんですよね。

そしたら出会ってしまったんだ。恐怖のセクガル量産機、Sexy Zone Channelに。

今思うと何であんな時期だったんだろうなあって思うけど、一時期謎にセクチャンの動画がTwitterにまわりまくってたじゃないですか。元々小学生の時に起きた嵐の爆発的ブームの影響でちょくちょくアイドル誌を買っててB.I.Shadowは知っていたしお気に入りのグループだったので、Sexy Zoneには正直良い印象がなかったんですね。ふまけんを引き抜くくらい期待されてたのに結局メンバー入れ替えたり意味分かんないなあ、何だこのグループ。って感じだったの。だからほんと何様だよって感じだけど、ふまけんが今いるグループはどんなもんなのか見てやろうと思って、適当に見てみた。

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

「お??なんだこの超ジャニーズっぽくない子、知り合いにクソ似てるわ」

 

 

これが失礼すぎる現自担くんとの出会いでした。

 

ジャニーズってみんなキラキラなイメージあったから素朴すぎる良い意味でジャニーズっぽくない姿が凄い印象に残って。ふまけんも手羽先持ちながら踊り狂ってたから、ああ、ふまけんがのびのびやれてるってことはこの子たちきっと良い子なんだろうな、もっと知りたいって思ったの。

 

それをきっかけに色々調べて、少クラにたどり着き、「ビャクヤァ…」で完堕ち。めちゃくちゃ安定の落ち方です、そう、私が永遠の新規だ。

 

私ギャップというものに弱いんです、弱すぎるんです。ギャップの化身であるまつしまくんを目の前にして逃げられるはずがなかった。というかもう抵抗せず両手を振りかざして落ちた。まつしまくんかっこよいポイントとまつしまくん可愛いぞポイントについてはいつかまたお話させていただきます。

 

 

 

で、応援したい!と思ったんだけどここからがすごく大変で。

 

まずジャニーズってどう応援するの?

 

ってとこから始まった。

小学生のときはきゃーきゃー騒ぐだけで応援なんてものはしたことなかったから、情報の仕入れ先とか現場のことが一切わからなくて本当未知の世界。一時期「むりもうジャニーズわかんないこわい」が口癖になる始末だった(笑)幸いにも友達にKING担がいたから色々教えてもらって、その子に連れられてJr.祭りにもお邪魔してみたりして。

ちなみにJr.はLove-tuneが好きです。らぶはいいぞ。

 

何もかもが今までと違ってとにかく全てが初めてだから、楽しすぎてずっとヒーヒー言ってた。

特に大フィーバーだったのは写真。ジャニーズってセンチ買いって言葉使うんですかね?私もよく「これでAくんのお仕事が増えますように!」って願掛けで公演のたびに何枚も買ったりしてたんですけど、ジャニーズはとにかく種類が多いし盛れてるのばっかりだからもう可愛くて可愛くてしょうがなくてどきどきしてしまった。 まつしまくんの可愛いお顔最高!!!

 

 

 

そんなこんなでのんびりおたくしてたらあっという間に時は5月。

Sexy Zone presents Sexy Tour〜STAGE

の横浜公演である。

ほぼほぼ単独行動だったからちゃんとした写真なかった……

 

まつしまくん初現場です。

まーーーーーーそれはそれは緊張した。

Aくんの現場のキャパ?大体200人〜800人規模だよ?それが半年のブランクを経ていきなり1万人越えとかどんな過酷イベントだよ……人多い。みんな元気。こわい。

 

「次の現場決まってないしもうこれ終わったらしばらく会えないんだ無理もう無理行きたくない」って嘆きながらペンライトを握りしめて半泣きで会場に入り、3時間後に「あーーーー5人大好き!!!!!!!サイコーーーー!!!!!!!!」ってペンライト振り回して叫びながら会場から出てくるという最高に気持ち悪い芸を繰り返しました。

楽しかったんだあ、本当に楽しかったんだあ。

今までの出演したバラエティでの経験を反映させてみたり、学生大喜びな仕掛け仕込んだり(バリバリ世代だったから両手上げて喜んだ)、多ステする人のためにも毎回楽しめる日替わり入れたり、でも初めての人もちゃんとついてこられるよう手配したり、稚拙な言葉でしか伝えられないのが悔しいけど、本当に盛り沢山。お腹いっぱい。毎回「楽しい!!!!楽しい!!!!」って素直に思えるツアーでした。まだ心の整理がついてないから感想は気が向いたらまた別にエントリーするね。

 

 

 

ここまでまつしまくんとの出会いをお話してきましたが、私今回のツアーまで人前で自分を松島担だと言うことに引け目を感じていました。まだ出会って半年ちょっとで知らないことのほうが多くて格差時代も経験してなくてただ何も考えず楽しんでるだけなのに、って。

でも、まったくの杞憂だったみたいです。

 

だって本人たちから歩み寄ってくれるんだもん(;_;)(;_;)(;_;)

みんなのおかげでがんばれたよ本当にありがとう絶対に離さない俺達がみんなを裏切るのは死ぬ時だからって何回も何回も言ってくれて、ああ何馬鹿なこと考えてたんだろうって思った。5人はずっと側にいてくれてたんだね。

 

 

 

STAGEツアーで披露された曲には、観客が歌うパートが用意されています。

『もしも君が負けそうなとき、迷わず僕に聞かせてよ 一人じゃないよ 心には距離なんてない』

『ありがとう ただありがとう 赤い薔薇に誓う その棘が刺さろうとも歩いていく あなたとその“未知”を』

本当にこれ歌わせるって考えた人はどえらいことしてくれたなと思う。

これを歌うってことは、“ファンだけが頑張るのでも5人だけが頑張るのでもなくて、お互い助け合ってみんなで一緒にまだ見たことのない世界に行こう”って彼らのシンボルである赤い薔薇に誓ったのと同義なのです。

もう戻れない。

私はSexy Zoneについていくことになりました。

 

 

これからもっと楽しいことが待ってるかもしれないし、もっと辛いことが待ってるかもしれない。でもこの5人ならなんだって乗り越えられるからきっと大丈夫。そう心から思えるし、これから見る新しい世界が楽しみでしょうがないです。 5人がつくるセクシー時代は一体どんな景色なんだろうね?

 

 

 

ありがとうSexy Zone

ありがとうまつしまくん

 

 

 

そしてAくん今までたくさんの思い出をありがとう。

夢を見せてくれてありがとう。

 最後まで応援できなくてごめんなさい。

Aくんがいつまでもいつまでも舞台上でキラキラ輝いていられることを願っています。

 

 

 

AくんとSexy Zoneに素敵な未来が待っていますように。

 

Sexy Thank You.